住居を移転する際、荷物を運ぶ自動車を停めたり、荷物を通路に仮置きしたりするため、事前に隣近所の家に挨拶に行くのが世間の常識です。車の利用や通行の妨げになりますので、事前に同意を得ておくと引越しが終わった後のトラブルも防げます。引越し会社に依頼した時は、そうした事も行ってくれます。通常、転居する場合、nhkには住所変更の報告を出すことになっています。転居のタイミングにnhkを解約しようと思っていても、nhkは受信契約の解約には渋りますが、テレビを捨てたり、第三者に明渡したことを客観的に、信証がとれれば解約することが可能です。私はその昔分譲マンションで二人用のベッドを使用していました。事情があってそのマンションを手放し、狭い賃貸しタイプの棲家へ引越しすることになったのですが、ベッドが部屋に入らないことが判明しました。残念ではありましたが知り合いに譲り、滞りなく引越しを終えましたが、改めて購入したベッドは次に引越した時に配置できないと困るので、シングルにしました。今回、引越しをすることになったとき住民票の移動処理はなるべく早めにしておこうと思ってました。最初に、私が転出届けの手続を役所で行って、旦那は引越し当日のあいだに転入届けを転入先の役所へ、提出できるように段取りして引越しました。住民票の移動のほかにも引越しというイベントはたくさん手続があって忙しいので忘れないように表に書いておいて、計画的に行うことが大事ではないかと考えます。引越し業者というのはたくさんあってとても迷いました。周りの人や口コミなどを参考に見聞きするものの、その時来た、営業さんやバイト君の対応ひとつで、いい評価、悪い評価もあって、最終的には、アリさん対パンダさんの対決となりました。公団から新築に引越したのですが、結構、スムーズに引越し作業をしていただけて、アリさんに感謝の気持ちです。おすすめ⇒愛知県豊田市 引越しは安い